医療業界

医療関連のホームページ作成

> > 医療関連のホームページ作成
Medical

医療関連のホームページ作成に強い理由

Reason01

一度ホームページから離れ、本質を考える

一度ホームページから離れ、本質を考える

ホームページありきの考え方ではなく、一度、ホームページづくりのことから離れて、「自分たちの病院がどんな患者様に、どのように役立ちたいのか」という本質を考え、その本質をホームページに落とし込んでいくことが重要です。

私たちは多くのお客様の事業分析やコンサルティングを通じて、お客様の求める効果を出すには「事業・業務の的確な把握」と「ターゲットへの訴求」が重要であると確信しています。

まずは一から貴院のことをお聞かせください。
貴院ならではの特徴や強み、今後の展望や事業戦略を詳しくヒアリングさせていただき、それに基づいたホームページを作成していきます。

Reason02

多忙な医院経営・業務ニーズにあわせたツール

多忙な医院経営・業務ニーズにあわせたツール

忙しい先生方、事務の方々でも無理なく更新できるよう、用途に合わせたツールをご用意しております。

・新着情報更新ツール
・担当医スケジュール更新ツール
・患者様予約システム
など、これまで実際にいただいた声をもとに、費用を抑えて導入できるツールを開発しています。

Reason03

用途に応じたSEO・広告の活用で集患を促す

用途に応じたSEO・広告の活用で集患を促す

SEO対策やリスティング広告は、何が良いのか悪いのか分からない。活用の仕方がいまいちよく分からないといったご相談をいただくことが増えています。

SEOも広告も、あくまでも目標達成の手段・ツールの一つであり、用途に応じてうまく活用していくことが重要です。

集患手段としてホームページを活用する場合、私たちは次のような3つのケースを想定し提案しています。

ケース1. 市内など近所の患者様を集める

市内など近所の患者様を集める

「××市 外科」等の検索キーワードで検索結果に表示されるように対策をします。しっかりとホームページを充実させて基本的なSEOを満たしていれば問題ありません。競合が多い地域によっては、リスティング広告等を追加で活用する必要はありますが、基本的な集患手段としては積極的に広告を使う必要はありません。

ケース2. 近所だけでなく近隣地域から患者様を呼び込む

近所だけでなく近隣地域から患者様を呼び込む

「××市 外科」等以外にも、一般的な治療名を検索するユーザーの集客が必要になってきます。「不妊治療」「粒子線治療」「インプラント」等のキーワードでの対策が必要です。こういったケースでは、リスティング広告が最も効率的な手段になります。ただし、ほとんどが他院と競合になりますので、ホームページのコンテンツ充実や情報発信などの差別化が重要になります。

ケース3. 美容整形、レーシックなど競合激戦区の場合

近所だけでなく近隣地域から患者様を呼び込む

SEO対策、リスティング広告だけでなく、アフィリエイト広告やインタレストマッチ、一度来訪したユーザーへの継続的アプローチとしてリターゲティング広告などが必要になります。さらに、サテライトサイトの構築、LPO対策、継続的なキャンペーン施策など、多くの手段を組み合わせることであらゆる角度から集客とコンバージョンを検討します。また、立ち上げ前に業界内でのポジショニングや差別化に関する議論を重ね、ホームページにおけるブランド戦略も考えなければなりません。

Medical

貴社独自の戦略で勝ち残る仕組みづくり

貴社独自の戦略で勝ち残る仕組みづくり

アイルでは、ホームページ作成とWeb運用コンサルティングサービスのセット提案をしております。なぜなら、制作段階で立てた戦略や戦術はあくまで初期仮説なのです。問い合わせ数や成約割合を増やすためには、仮説検証とホームページの改善が欠かせません。

制作時の戦略に基づいたターゲットから問い合わせが来ているのか、また、問い合わせ者は仮説ターゲットと比べてどのようなギャップがあるのかを分析・検証し、次の戦略に活かしていくこと。それが、「独自の戦略で勝ち残っていく」ことにつながります。つまり、最終的に成功するノウハウは、あなたから生まれるものです。