Webドクターコラム
> > Web広告の種類について
Webドクターコラム
広告

Web広告の種類について

こんにちは、ディレクターの西永です。

既存Webサイトのリニューアル・新規Webサイトのオープンの後に必要となってくるのが、そのWebサイトにどのようにして人を呼び集めるかという、「集客」です。今回は「集客」についてお話ししたいと思います。

Webサイトへの集客の施策としては、大きく分けて2つの方法があります。

1つは、Google・Yahoo!などの検索サイトで、閲覧者の方がキーワードで検索行った後に表示される検索結果の一覧で、上位に表示できるようにするSEOという方法があります。基本的にWebページの作りを充実させたりなど、無償で可能な方法ではありますが、コンテンツ内容や訪問者が求めている情報などを集めて、掲載していくなど地道な作業が必要なため、即効性がないというデメリットがあります。

その一方で、有料での施策にはなりますが、Web広告を出稿し、集客を行うという施策があります。

こちらの方法ですと、広告文・広告バナーを作成し、出稿するだけですので、SEOよりもより多くの閲覧者に対して、露出を増やすことが可能なため、有効な集客の手段といえます。今回は、Web広告でも様々な広告がありますので、どのような広告があるかその種類について、ご説明したいと思います。

 

■検索連動型広告

Google・Yahoo!などの検索サイトの検索結果に連動して出力される広告です。

広告を表示させたい閲覧者が入力すると思われるキーワードを指定して、広告文を出稿する施策です。上記の通常の検索結果と異なり、SEOを行っていないキーワードについても広告を出せるため、そのキーワードでどのくらいニーズがあるのかを分析することも可能なことに加え、順位がなかなか上位に上がらないサイトを検索結果に出すことで、露出を増やす効果があります。

 

■ネットワーク型広告

個人のブログサイトなど複数のサイトをネットワーク化し、1つの広告文・バナーを準備するだけで、特定のタイプのサイトに一括して、広告を配信できる広告手法です。食品・健康系などのブログサイトに出したい、このキーワードが使用されているサイトに広告を出したい、などタイプ別に広く広告を出力できるのが特徴です。また閲覧者のタイプ(過去の検索キーワード、閲覧サイト、年齢など)で絞り込み該当するタイプの閲覧者のみ出力することも可能です。

 

■アフィリエイト広告

成果報酬型の広告手法で、主に個人が運営するブログサイトにバナー広告などを表示し、お問い合わせなど成果が発生すると運営者に成果報酬が支払われます。一般の個人が商品・サービスなどを紹介してくれるため、第3者目線で販促ができるというメリットがあります。

 

■動画広告(インターネットCM)

インターネット上で、動画の広告を出力し、動画再生中に画面をクリック、または、動画が終わった後に表示されるリンクをクリックするとサイトに移動する広告手法です。バナーや文章ではなく、動画で紹介できることが特徴です。

 

■スポンサーシップ広告

Yahoo!などポータルサイトなどで、固定で一定期間Web広告を表示させる手法です。画像バナーなどを設置し、クリックすることで広告主のサイトに誘導します。

インターネットの初期からある広告手法です。

 

以上のように、様々な広告の種類があり、また、広告枠を扱う会社ごとに特徴が異なるため、どの広告をどのように使い、費用対効果を最大化するかが肝になってきます。誰に対して、どのような広告を表示していきたいかといった目的を検討したうえで、広告の計画を立てることが必要になってきます。