Webドクターコラム
> > 伝わりやすいホームページとは?
Webドクターコラム
デザインライティング

伝わりやすいホームページとは?

こんにちは、Webディレクターの大地です。

今回はホームページ上で情報を視覚的にわかりやすく表現する手法を紹介したいと思います。

 

検索をした人がホームページを訪れ、そのホームページが自分の求めるページか否かを判断するのにかかる時間は“3秒”といわれています。
つまりパッと見て一瞬で判断されてしまうということです。

いくら重要な情報やその人が求める内容が文章という情報で掲載されていても、視覚的に分かりやすくなければホームページからは離脱されてしまうのです。

 

ホームページは“読まれる”より“見られる”ものです。そのためにも、視覚に訴えること、パッと見て分かりやすいことが非常に重要なのです。
いくら有益な情報がホームページに書かれていても、文字だけでは読みたくなくなってしまいますよね。

インフォグラフィクスという表現方法

本日紹介するのは、インフォグラフィクスという表現方法です。インフォグラフィクスは情報を分かりやすく、人に伝わるように可視化したもので、標識や科学的図表やホームページなど様々な場所で活用されています。1つ例を紹介します。

 上記のホームページでは富士山にまつわる”数字”を簡単なイラスト・アイコンと共に紹介しています。
文章でただ数字を紹介するよりも興味も引きますし、何よりも直観的に分かりやすいです。もし上記ページが文字だけだったらどうでしょう?

word同じ情報のはずなのに直観的にイメージしにくいです。伝えたい情報をいかに見る人に分かりやすく伝えることが大切か分かります。

直観的に情報を相手に伝える手法として、インフォグラフィクスは大変魅力的な手法です。但し、いきなり自分のホームページにも…というのは敷居が高いでしょう。

 

あなたの今のホームページは文字が多く、分かりにくいホームページにはなっていないですか?
文章をイラストで表現してあげる、グラフを使ってみるといった工夫で伝わりやすさ・分かりやすさは大きく変わります。

見る人にとって分かりやすいホームページになっているのかを、常に見つめなおすことが大切です。