Webドクターコラム
> > シンプルなデザイン
Webドクターコラム
デザイン

シンプルなデザイン

img02

こんにちは。WEBデザイナーの野崎です。

最近の様々なWEBサイトを見ていると、シンプルなデザインのものを多く見かけます。私個人、「シンプル」なものには心惹かれてしまうのですが、それはおそらく”雰囲気”を感じやすいからかもしれません。さまざまな要素を含んでいるサイトの中でも、勿論感動させられるものは多々あります。

しかし、シンプルなデザインのサイトが増えているということは、少なからず私のようなシンプル好きが増えているということなのでしょう。

シンプルなデザインて

シンプルとは、簡単に言えば不要な要素を削り取り、適した要素のみのことです。たったそれだけなのですが、だからといってデザインが簡単ということではありません。シンプルだからこそ、それをデザインするのはとても難しいと、私は心から感じています。シンプルを意識しすぎて、つまらなく味気のないデザインになってしまったり、だからと言ってなにかを付け足そうとすると、それはシンプルとは言えないようなデザインになってしまったり。ふむ…難しい

要素が少ないということは、デザイン要素も少ない。ということでは決して有りません。見せるべきものが少ないからこそ、それをどう強弱をつけて見せるのか…いや、魅せるのか。

限られた要素をどう自分の持っている引き出しを使ってデザインするかは、ただただデザイナーの技量にかかっています。

シンプルなサイトで気を付けるべきことは、シンプルだからといって気を抜かずに、「深く考える」ことですね。

一つ一つの要素に対し深く考え、そうして生み出したデザインが、見た人に感動を与え、刺激を与え、興味を与えることができるのでしょう。

 

どんなデザインに対しても、隅から隅までのすべてのデザイン要素に意味を作り、こだわりを持つことが大切なんですね。