Webドクターコラム
> > 読みやすい文章の作り方
Webドクターコラム
ライティング

読みやすい文章の作り方

Webサイトを作るとき、ブログを書くときなど、
文章を書く機会は多くありますが、
皆さんは文章の読みやすさを意識しているでしょうか?

 

文章の質が良くても、読みにくい載せ方になっていると、
ターゲットが読まずに離脱してしまう可能性があります。

今回は文章を読みやすくするための、ポイントの一部をご紹介いたします。

 

まず、改行も何もおこなわずに文章を書くとこのようになります。

text01

文字がつまり過ぎていて見辛いですね。
読んでいる行が分からなくなります。

これを、句読点の位置で改行してみましょう。

text02

テキストの中に余白が出来たことにより、少し読みやすくなりました。

しかし、行間の余白が無いため、まだ文字が詰まっているように思えます。

そこで、関連がある文章を一つの固まりとして分類し、段落をつけてあげましょう。

text03

 

段落分けを行ったことで、文字が詰まった感じも無くなり、スムーズに読み進めていけるようになりました。

このように、「改行を行う」「グループ化」を行うことで、
文章がストレスなく読めるようになります。

 

また、改行を行う際に下記の点に気を付けることで、より見やすくなります。

・単語の途中での改行を避ける

text04


・格助詞の前での改行を避ける

text05

 

これらを行うことで、文章の見栄えも綺麗になり、
ターゲットに伝えたい意味を理解してもらいやすくなります。
文章の中身と共に、見せ方も意識してライティングをしていきたいですね。