Webドクターコラム
> > SEOの重要戦略!内部リンク構築について
Webドクターコラム
SEOUX・UI

SEOの重要戦略!内部リンク構築について

こんにちはWebディレクターの増田です。
コンテンツ イズ キングの時代が叫ばれて久しいですが、単にコンテンツがあるだけではダメで、訪問者にとってもSEOのテクニックとしても重要な制作方法はあるのが現実です。

その中のひとつが「内部リンク構築」です。

どのような内部リンクが効果的なのか

GoogleとYahooの検索結果が異なった時代、Yahooはフッターにリンクを設置すればキーワードの順位が上昇したことがありました。

これは訪問者にとっては無駄なリンクであっても、クローラーはリンクの良し悪しを判断できなかったためです。

しかし、Yahoo!がGoogleの検索エンジンの結果に、さらに上乗せでフィルターをかけだしたあたりから流れが変わります。今日に至るまでサイト順位を判断するアルゴリズムはより人間に近い判断を下し、小細工抜きで「ユーザーが求める答え」を検索結果として表示されるようになりつつあります。

ではフッターにリンクを設置することは、悪なのでしょうか。
このような疑問も含めて、本サイトで施策した内部リンク構築の重要なポイントを記述します。

サイト訪問者が辿る導線は、クローラーも辿る

①なかなか辿りつけないページをなるべく作らない

訪問者が辿りつけないページはクローラーにとっても辿りにくいページであります。なるべくサイトの隅々まで、いきわたるようリンクを構築しましょう。関連する記事を表示させるのも一つの手です。

なかなか辿りつけないページをなるべく作らない

②重要なページへのリンクは他のページよりも多くする

サイト内に多くのリンクが張られたページは、訪問者もクローラーも数多く訪れる可能性があります。
内部リンクの本数はWebマスターツールで確認できますので、本数を見て調整する事が出来ます。

重要なページへのリンクは他のページよりも多くする

③関連する情報をリンクでまとめよう

同じ分類の情報がまとめられていると、訪問者にとって便利なだけでなくクローラーにとっても親切です。

関連する情報をリンクでまとめよう

④パンくずで現在地を示そう

今サイトのどこにいるのかを知ることが出来ると、迷子にならずに済みます。さらに必然的にトップページへのアンカーリンクが増えてサイトのテーマ性が高まります。

パンくずで現在地を示そう

⑤コンテンツ内に関連する情報を加えよう

クローラーも、リンクに記載されているテキスト情報があれば、その先のページが関連されるコンテンツであるかを理解することが出来ます。コンテンツ内に関連する情報をアンカーリンク付きで記載すると、巡回できるページの増加に繋がります。
重要なのは本当に関連しているか否かです。

コンテンツ内に関連する情報を加えよう

いかがでしたでしょうか、Google Analyticsの結果を見ても、訪問者が関連コンテンツをたどっている事が分かりますが、これはクローラーにとっても同じことです。