Webドクターコラム
> > 読み手の理解度を高めるために必要なグループ化
Webドクターコラム
UX・UI

読み手の理解度を高めるために必要なグループ化

 

 

Webサイトや広告などを見ていると、文章や画像が詰まっていて読みにくい、分かりにくいと感じたことがありませんか?

その原因の一つとして、情報のグループ化が出来ていないことが挙げられます。

関連する項目で情報を分類する

例えば、弊社サイトのサイドナビを見てみましょう。

 

「サービスの紹介」と「弊社の紹介」という2つの親カテゴリの下に、関連するページリンクが表示されているため、目的のページを見つけやすくなっております。

さらに、「製造業」や「アパレル」といった「ホームページ作成」内のカテゴリリンクは、「ホームページ作成」に関連するカテゴリであることが分かるよう、アイコンに強弱を持たせて表示させています。

もし、このサイトナビがカテゴリ分けもされず、アイコンを付けることなく単調に表示されていると、とても見辛く、ページを見たいという気も消えてしまいます。

 

コンテンツも同様です。
グループで分けずに文章や写真を長々と記載すると、見辛くなってしまいます。
文章をテーマ毎にグループ化し、大見出しや中見出しをつけてあげることで、読み手側は情報の取捨選択を行い易くなり、必要としている情報を安易に読むことができます。

また、見出しを付ける際は、余白も意識していきましょう。
せっかく見出しを付けてもグループごとに余白が無いと、分類されていることが分かり辛いうえに、ごちゃごちゃして見えます。

グループ化を行った後は、余白も使用して読みやすいレイアウト作りを心掛けていきましょう。
余白の使い方は過去の記事(余白を活かす)でも紹介していますので、是非ご覧ください。

このように、グループ化を心掛けることは文章や画像、デザインなど多くの箇所で必要になってきます。
WordPressなどのCMSを導入したサイトが多い今、事例やブログなどを書く機会が増えていると思います。
内容だけでなく、見せ方にも工夫を心掛け、よりよいサイトを作っていきましょう。