Webドクターコラム
> > デザインとアートの垣根
Webドクターコラム
デザイン

デザインとアートの垣根

楽天市場などのモールに多い「スーパーのチラシのようなWebデザイン」に対して、とくに制作者からは賛否両論あるのではないでしょうか。

デザインはこうでなくてはいけないというようなことを論ずるつもりはありませんが、「チラシのようなゴチャゴチャしたデザイン」のサイトのほうが、「クリーンすぎる(小ぎれいな)デザイン」よりも売上が高かったというようなケースも多々あるようです。
もちろん、デザインという言葉が包括するものには、ユーザービリティや回遊性、コピーライティングなどいろんなものがありますが。

 

私がデザインもといWeb制作をするうえで心がけている一言があります。

’Never forget that the ultimate objective of public relations -what we‘re hired to do – is to make the cash register ring.’

 

利益を生むデザインを作る。
Webデザイナーの仕事は、この一言に尽きるのではないかと思います。

一方で、デザインとアートの垣根は、ぐっと曖昧になってきたと思います。消費者の目も肥えてきていますし、これだけモノ(Webサイト含む)が溢れている現在、デザインをはじめ「感情を揺さぶる」ような価値に比重が置かれることも多くなるでしょう。

いずれにせよ、デザインは目的を達成するのための手段です。
いいデザインを作ることがゴールではありません。
デザインのその先にあるお客様・消費者を見ながら制作に励んでいきたいと思います。