Webドクターコラム
> > ウェブ制作会社か個人のWeb屋か
Webドクターコラム
お役立ち・知識

ウェブ制作会社か個人のWeb屋か

ホームページの制作を、制作会社に依頼するか、個人の知り合いに依頼するか。
中小企業様では実際にお悩みになることが多いかと思います。

今回は、制作会社としての立場から少し話をしてみたいと思います。

colorful_pencil

個人(知り合いや個人的な委託など)に依頼するメリット

個人に依頼する最大のメリットは、コストでしょう。価格勝負になってしまうと、企業ではそうそう勝てません。ちょっと試しに立ち上げてみるといった場合は、知り合いに頼んでやってみるという方もいらっしゃいます。こればっかりは、企業努力だけではどうしようもない部分があります。

また、融通が利きやすいというのもひとつでしょう。付き合いが長く自社のこともよく知っていれば「よしなに」作ってくれたり、スケジュール面で柔軟であったり。

ただし、「タダで」には注意が必要かと思います。お互いのスケジュールがなかなかあわず、ずるずるといつまでも完成しないというケースもあります。

 

制作会社(企業)に依頼するメリット

基本的に企業というのは存続・発展していくことがベースにありますので、中長期的なお付き合いができることが大きな利点のひとつです。当たり前のように思えますが、担当が不慮の事故で対応できなくなったとしても他の社員が引き継いで対応できるなどの体制が整えられます。

また、組織的にノウハウを蓄積したり、得意分野や得意業種を持つメンバーが在籍することで、様々なケースに対応できるというメリットがあります。一方で、教育や採用にもコストがかかりますから、個人に比べて単価自体が高くなってしまいますね。

 

運用を考えるなら、企業に依頼することをお勧めします

結局どちらにすべきかというのは、依頼先にもよりますし、かけられるコストや期待する効果とのバランスになるかと思います。社内である程度のWeb担当をつけられるかどうかも、判断基準のひとつにもなるでしょう。

ひとつ言えるのは、ウェブサイトを運用していくのであれば個人よりも企業に依頼するのがベター、ということです。中長期的な視点で見ればメリットが生きてきます。

 

ざっとメリット・デメリットを述べてきましたが、ひとつだけ注意していただきたいことがあります。
それは、どちらに依頼するにしても「丸投げではウェブサイトは作れない」ということ。
これは非常に重要です。

ちょっとした会社案内程度のサイトならまだしも、新規顧客開拓や既存顧客へのPRなど営業ツールとしての側面を持たせるのであれば、間違いなく「共創活動」になります。
そのあたりも考慮して、パートナー探しを進めていくのがよいかと思います。