Webドクターコラム
> > アートディレクターの必要性
Webドクターコラム
デザイン

アートディレクターの必要性

以前私が勤めていた制作会社では、一番デザインができるデザイナーがアートディレクターを兼任されてました。
その頃は私もデザイン初心者でしたので、アートディレクターにたくさんのことを教わったものです。

アートディレクターはアートディレクションを行う専門職です。
主にお客様(発注者)とデザイナーの架け渡しを行い、お客様の希望とデザイナーの制作物に、大きな隔たりが起こらないようにします。
また隔たりができてしまったとしてもその修正に大きな力を発揮してくれる役割だと、私は思います。
デザイナーが豊富な経験があればそうでもないですが、特にデザイナーが新人である場合、アートディレクターがいるいないでまったく作業量が変わってきます。

まずデザイナーは自分のデザインに対して客観性を持つことが難しいです。
そこにアートディレクターが、自身の経験を踏まえ、客観性をもってデザインを見ることでデザインは向上していきます。

またお客様の希望に添えないデザインが上がった時、アートディレクターはその力を発揮します。
もしアートディレクターがいなかったら…
お客様は希望とは程遠いデザインに落胆し怒りを感じ、冷静でいられなくなるでしょう。
思っていたのと違う、だけど何が正解かを言葉にするのはデザインの知識がない方には大変な難しい作業です。
上手く伝えられない、だけど違うことだけはわかる。そういうジレンマに陥ってしまう…。
そしてデザイナー側も連続のNGに意気消沈し自己嫌悪と共に、お客様のいう指示をそのまま実行するだけのオペレーターになってしまう。
いいものを作ろうとしているはずなのに、最後は期限が来て、中途半端な誰も納得のいかないサイトができあがってしまった…。
そんなことは実際起こりえることだと思います。

お客様とデザイナーの感情的なぶつかりの中に、デザインの経験と知識が豊富なアートディレクターが間に入れば、
お客様の「この背景を赤にしてほしい!」という言葉の意図をアートディレクターは考えます。
赤にするということは、サイトの雰囲気をもっと活発に情熱的にしたいのか、だとするとこの使用している細いゴシックでは希望するデザインに合わないのではないか、
そういうことをお客様に聞くことができるのです。
そしてお客様も聞かれてはじめて、自分が求めているイメージはそうだったのか…と気が付くこともあるはずです。
そこで合意が得られれば、あとはアートディレクターがデザイナーに適切な指示を出すことができます。
「背景を赤に!」
ではなく
「このコーポレートサイトは、社員の仕事に対する情熱や勢いを全面に押し出したデザインにしたい」
といえば、デザイナーは自身で、情熱や勢いを表現する方法を考えます。

新人デザイナーの場合は特に言葉どおりに受け取ってしまうことが多く、お客様の心理を突くことが難しいのです。
アートディレクターが双方の間に入り、それぞれにわかる言葉で説明する。
そうすることで感情的な修正のやりとりは防ぐことができます。
アートディレクターが優秀であればあるほど、デザイナーが制作するデザインは向上していくでしょう。
そういう意味でアートディレクターは必要不可欠な存在だといえると思います。