制作実績
> > > ECサイトを新規作成し、販路拡大
Case
効果の出るホームページがどのように作られるか事例でご紹介いたします

ECサイトを新規作成し、販路拡大

アンビープラス株式会社 様

アンビープラス株式会社 様

カート/システム FutureShop2 /
その他 Future Shop2構築
URL http://www.umbe.jp/

カラフルで選べるオリジナルの傘を広めたい!

point

  • 店舗以外での販売販路を広げたい
  • オンライショップでの売り方が難しいと感じている

アンビープラスは自分だけのオリジナル傘が作れるブランド。骨組み、取っ手、傘の色などを自分で選ぶことができる傘です。とてもユニークな商品で、ブランド立ち上げ後に期間限定でオープンした店舗では大変好評だったとのこと。

店舗での好評もあり、ECサイトを作ろう!という経緯にいたったものの、どうやって「選べる傘」を販売すればよいのかが大きな課題でした。なにせ特殊な傘。設計が一番のキーポイントでした。

ワクワク楽しい!という印象で「傘を選ぶ」という新しい感覚を

point

  • 選ぶのが楽しい!と思わせるような設計とデザイン
  • ニーズに合わせた商品展開

まず、「傘のパーツを選んで自分で作る」という概念をほとんどの方はお持ちではないでしょう。そのため、何よりも分かりやすく、そして欲しい!と思ってもらえるかを軸に設計やデザインのご提案を行いました。

一番のメインコンテンツはカラーシュミレーター。普通のアパレルさんとは異なり、1つの型に対してカラーがあるわけではなく、それぞれのパーツで何通りもあるという特性をどのように表現しようかと試行錯誤。お客様と色々なお話しを重ねる中で、カラーシュミレーターの作成をご提案いたしました。これは、傘の柄、カバーなどそれぞのパーツごとに色・柄を選択し、自分のイメージ通りの傘をネット上で作るというもの。これにより、「どれにしよう」と楽しく選びながら頭の中のイメージを形にしてもらえると思います。

シュミレーターのデザイン自体も、デザインや動きには細かくこだわりました。購入者にはママさん世代の女性が多いということでしたので、選んでいて楽しいワクワクするような動きやパーツを取り入れました。あまり他にはない商品なので、まずはとっつきやすい印象を与え、買ってみたい!と思ってもらうための工夫を色々散りばめています。

また、商品の特性上「選ぶのが大変・・・」と思われてしまう方もいると思い、そんな方のためにアンビープラスがおすすめするセットコーディネート品も掲載。男性向け・女性向けに分けた中でも、シーンや特徴で様々なコーディネートをご提案し、選ぶのが大変と思われてしまう人に対しても購入して頂きやすいコンテンツを用意いたしました。

リピーターの方はパーツのみを買う場合もあるので、その方への導線も準備。様々な購入パターンに応じた導線やページを用意した設計を意識しました。

実店舗以外の販路拡大 リアル店舗の販促でも活用

point

  • 実店舗以外の販路を開くことに成功
  • 組立傘のカラーシミュレーターをリアル店舗の販促で活用

2013年5月に今回作成したECサイトをオープンしましたが、Web広告などを用いずに運用していたため、なかなか訪問者を集めることができず、注文につながらない期間が長く続きましたが、検索結果にヒットするようになるにつれて、徐々に注文を増やすことができました。雨具のシーズンである5月ごろにはご注文を多数いただき、実店舗以外の販路を開くことに成功できたとのことで大変喜んでいただきました。

また、ECサイトを作成したことで、リアル店舗との相乗効果も生まれております。
たとえば、リアル店舗ではサイト内に作成したカラーシミュレーター(http://www.umbe.jp/simulator/)を店舗でご紹介いただき、実際に組み合わせた際のイメージをご覧いただくためのツールとしてご活用いただいております。

一方で、ECサイト上では、店舗紹介のページも設けており、Web上で商品をご覧いただいた後に、店舗で実物をご覧いただくなど、ECサイトとリアル店舗を交えて、販促につなげていただいております。