制作実績
> > > 熱意と技術力を伝えるデザインで、会社の価値を高める
Case
効果の出るホームページがどのように作られるか事例でご紹介いたします

熱意と技術力を伝えるデザインで、会社の価値を高める

株式会社西田製作所 様

株式会社西田製作所 様

ジャンル コーポレートサイト 
業種 製造業 
その他 CMS導入
URL http://www.nishida-ss.co.jp/

製品から作り手を中心にしたサイトへ、デザインリニューアル

point

  • 製品主体ではなく、社員をメインにしたページにしたい

表面処理装置を完全受注で製作する西田製作所様は、「お客様に合わせた設計・製造」が強み。製造技術の向上に力を入れていらっしゃいます。これまでのサイトも弊社で製作しましたが、今回人事異動の節目ということもあり、リニューアルをご希望いただきました。

一番重視された点は、取扱い製品主体のページではなく、社風や会社としての取組みなどを伝えるページやデザインにすること。「『どんな製品か』よりも『どこが作ったか』で価値を感じてもらえる会社にしたい。そのためにホームページを作りたい」とお聞かせいただいたのが印象的でした。

印象的なデザインやコピーにこだわり、社風や技術力を表現

point

  • 実力・熱意を感じる「カッコいいデザイン」を追求
  • 製品ページを簡潔にまとめ、会社の取組みや技術力紹介に分量を割く
  • WordPressで、記事更新をより簡単に、直感的に

一番のこだわりは、やはりデザインです。西田製作所の社員様のカッコよさを引き出すにはどうすればいいかを考え、色数を抑えたビジュアルでよりシャープで力強い雰囲気のデザインにしました。結果、製造業のページとしてはあまり見ない、社員様の写真を全面に出したホームページに仕上がりました。仕様の面でも、通常は多くのページを製品紹介にあてますが、このサイトでは「製品案内」よりも「会社の紹介」に分量を割いた構成が特徴的です。更に細かな文章は思い切って省き、写真や見出しを多く用いたレイアウトにして、『読まれるページ』を狙いました。キャッチコピーの多くは西田製作所様との打合せでお聞かせいただいた言葉を使わせていただいています。

実は一度方向を見誤り、仕様書もデザインも白紙に戻すという事態になりました。二度目のデザインを提出する際、ここまで振り切ってしまって大丈夫だろうかととても緊張しましたが、「こういうことが言いたかった。デザインはこんな方向になるとは思っていなかったけれど、逆に面白いね。」とお言葉をいただき、本当にほっとしました。お客様の思いを汲み取ることがいかに大事かを感じた瞬間です。

今回CMSにWordpressを用いて設計しましたが、今まで使っていたCMSよりもより直観的な操作が可能となりました。作業担当者の方からも「思っていたよりも簡単」と感想をいただいております。

熱意・技術を伝えるホームページが完成

point

  • 「西田製作所ってカッコいい」と感じてもらえれば大成功

メインビジュアルが決まってからはこの雰囲気・デザインを損なうことのないように作り込みを進めて、ホームページが完成しました。通常のコーポレートサイトとは全く異なる、西田製作所様が大事にしている「人材」「技術」「熱意」といった面が十分に出せたサイトに仕上ったと思います。

最近ではインターネットで取引先の会社を調べることが当たり前になっていますので、完成したコーポレートサイトは西田製作所様の社風や価値を伝える一番の資料となるのではないでしょうか。この記事を書いているのは公開して1か月ほどですが、今後、取引先様だけでなく社内で働く方、これから就職したいと思われる方にとっても、「西田製作所ってカッコいい」と感じていただければ大成功だと思います。